マイクロ波管/送信管

ジャイロトロン

当社は、核融合プラズマ加熱/計測のRF源として、長年に渡りジャイロトロンを開発しています。

当社は日本原子力研究開発機構殿と共同で、大電力準定常ジャイロトロン向けの3つのキー技術である、エネルギー回収形コレクタと高次モード発振空胴とCVDダイアモンド窓を開発し、数十秒にわたり1MWを出力することに成功しました。

また、当社は世界で初めて電子ビームのエネルギー回収(コレクタ電位降下)により、従来30%であった効率を一挙に50%に高めることに成功しました。

ジャイロトロン

特徴

  • 高効率です。
  • 電源装置、冷却装置の小規模化、低コスト化、省エネ化を実現しました。
  • X線発生を低減しました。
  • 出力分布の平坦化により大電力性能を向上しました。
  • 自社開発の長寿命、高電流密度カソードを採用しています。
  • 数多くの電子管開発で培った最新の高真空、高電圧技術で高い信頼性を実現しました。

用途

  • 核融合実験装置のプラズマ加熱
  • 核融合実験装置のプラズマ計測
  • セラミック焼結

製品ラインナップ

※写真をクリックすると拡大画像が表示されます。

ジャイロトロンラインナップ表
Image Type Frequency
(GHz)
Output
Power
(kW)
Output
Aperture
(cm)
Output
Mode
Weight
(kg)
Length
(m)
Magnet Down
load
- E3955SU 28 500 12 TEM00 220 1.8 E/M -
- E39200 28 1,000 11.2 TEM00 750 2.6 S/C -
- E3988 77 1,000 8 TEM00 820 3.1 S/C -
- E39101 110/138 1,000 8 TEM00 820 3.1 S/C -
- E39210 154 1,000 8 TEM00 820 3.1 S/C -
E3980 E3980 168 500 14 FLAT 640 3.0 S/C -
- E3993 170 1,000 8 TEM00 820 3.1 S/C -
- E3998 170/137 1,000 8 TEM00 820 3.1 S/C -
- E39102 170 1,000 8 TEM00 820 3.1 S/C -
- E39104 170 1,000 8 TEM00 820 3.1 S/C -
- E39103 170/137 1,000 8 TEM00 820 3.1 S/C -
- E39203 303 300 8 TEM00 120 1.7 S/C -
Notes
  1. E/M : Electro Magnet  S/C : Super Conducting Magnet
  2. 一覧は研究開発用用途ジャイロトロンの製造実績であり、一般民生用製品ではありません。

歴史的製品一覧

ジャイロトロン歴史的製品一覧表
Image Type Frequency
(GHz)
Output
Power
(kW)
Output
Aperture
(cm)
Output
Mode
Weight
(kg)
Length
(m)
Magnet Down
load
- E3957 70 16 2.8 TE02 45 1.6 S/C -
- E3971 110 500 11.6 TEM00 1,400 2.9 S/C -
- E3972 110 500 11.6 TEM00 620 2.5 S/C -
- E3990 110 1,000 8 TEM00 820 3.1 S/C -
- E3960 120 500 10.16 TE12.2 190 2.4 S/C -
- E3970 120 500 10.16 TEM00 270 2.4 S/C -
- E3974 170 500 11.6 TEM00 640 3.0 S/C -
- E3976 170 1,000 14 FLAT 635 2.9 S/C -
- E3992 170 1,000 8 TEM00 820 3.1 S/C -
- E3965 384 1.3 2.8 TE26 33 1.6 S/C -
- E3973 576 0.8 2 TE26 28 1.6 S/C -
- E3983 874 0.6 2 TE19 29 1.5 S/C -
Notes
  1. E/M : Electro Magnet  S/C : Super Conducting Magnet
  2. 歴史的製品一覧は参考資料データで、生産は実施していません。

製品に関するお問い合わせはこちら