• TOP
  • 会社情報
  • 安全への取り組み

安全への取り組み

キヤノン電子管デバイス株式会社 安全健康管理基本方針

基本方針

キヤノン電子管デバイス株式会社は、「多様性を尊重した企業活動をつうじて、社会の発展に貢献します」「技術開発を積極果敢に行い、魅力ある商品をお客様に提供します」「従業員一人ひとりが輝き、グローバルに成長する企業を目指します」という経営理念に基づき、人間尊重の立場に立ちすべての事業活動において生命・安全・法令遵守を最優先し、安全で快適な職場環境づくりと心身の健康保持増進を推進します。

方針

キヤノン電子管デバイス株式会社は、電子管・電子デバイス及びその応用機器を製造する過程で、放射線・高電圧設備機器および多数の有害物を使用しており、その業務内容に危険な作業が内在している。『災害ゼロ』は企業の社会的責任であることを深く認識し、スタフ・営業・技術および製造のすべての部門において安全健康管理を以下の通り推進します。

  1. 安全健康を経営の最重要課題の⼀つに位置づけ、「安全健康管理活動の継続的な改善」により「業務に起因する負傷および疾病の予防」に努めます。
  2. 労働安全衛生に関する全ての法規制及び当社が同意したその他の要求事項を遵守します。
  3. 労働安全衛生マネジメントシステムを構築し、職場に潜在する危険、災害要因の徹底排除に努め、本質安全化を目指します。
  4. 放射線・⾼電圧・有害物等を使⽤する製造職場の作業環境改善、設備・部品・材料・治⼯具等の取扱に関する安全措置の確保・作業標準の徹底等により潜在する危険・災害要因の徹底排除を目指し、リスクを低減します。
  5. 事務職場における「安全に対する意識」を⾼め「危険ゼロ」の安全な職場づくりの実現を目指します。
  6. ⼼⾝の健康について、メンタルヘルスケア、総労働時間の管理、休暇取得の推進等、健康な生活習慣に向けた個々人の健康つくりに継続して取り組みます。
  7. 業務上、通勤途上ならびに私⽤を含め『加害・自損事故ゼロ』を目標に発生抑制を推進し、交通災害の防止に努めます。
  8. 事業に関わる全ての人の安全と健康を確保するため、構内協⼒会社、取引先に対して安全健康への取り組みを求め支援します。
  9. 本⽅針は、当社の全従業員に理解・徹底させるとともに、社内外の人々がホームページ等により入手できるように開示します。

キヤノン電子管デバイス株式会社
代表取締役社長   中牟田 浩典

中牟田 浩典

安全と健康への取り組み

従業員の健康診断はもとより、生活習慣病予防やメンタルヘルスケア対策など、さまざまな健康維持・増進を施策しています。2009年1月に労働安全衛生マネジメントシステムの国際的な認証規格「OHSAS(※)18001」を取得することで、安全管理の仕組みを体系化し、全事業所における一段上の安全基盤の強化・確立を図っています。

※OHSAS:Occupational Health and Safety Assessment Series